So-net無料ブログ作成

「拉致被害者をすぐに返せ」1000人デモ(産経新聞)

 拉致被害者の家族らと菅直人首相の面会は、家族らの抗議デモと政府への要請文提出に合わせ、急遽(きゅうきょ)設定されたものだ。家族が6年ぶりのデモに及んだのは、民主党政権になって全く事態が動いていないことに対する憤りと、「拉致問題が置いてきぼりにされてしまう」との焦燥感からだった。

 面会で「皆さんの気持ちを受け止める。家族の怒りを思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と北朝鮮に圧力を強めていくことを約束した首相。胸には拉致問題への取り組みを示す「ブルーリボン」のバッジを付けていたが、増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で家族会事務局長の照明さん(54)は「菅さんがバッジを付けるのは初めて見た」。

 首相が面会を検討し始めたのはわずか2日前。8日の閣僚の任命の際、中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相が「拉致被害者家族の集会があり、ここまで歩いてこられるから一分でもお会いになれば」と持ちかけた。

 それに対し首相は「時間があるか、仙谷さん(官房長官)のところで検討する」と答えた。「自分が拉致問題に無関心みたいな評価が持たれている」との心配も口にしていたという。

 首相との面会を終えた家族らは、支援者ら約1千人と合流し、「すべての拉致被害者をすぐに返せ!」と国会周辺を練り歩いた。

 今回のデモは首相交代を見越してのものではなかった。「本当にいまこの状況を憂えている姿を(政府と北朝鮮に)見せたい」。横田めぐみさんの母、早紀江さんが今年3月、口にしたひと言に家族らが応じた結果だった。

 早紀江さんは「北朝鮮も日本のニュースを見ている。日本が拉致問題で沈黙していると思われるわけにはいかない。これだけ国民が怒っているということを示したかった」と語った上で、いまだ方向性が見えない政府の態度をこう批判した。

 「同じ子供を持つ親として本気で救うんだという気概を持ってほしい。何十年もヤミの中で助けを求めて叫んでいる家族がいるんです」(桜井紀雄)

【関連記事】
「まさにテロ国家」 拉致被害者家族「日韓で圧力を」
自民拉致特別委、人と金の規制強化を決議 
「政権の動き鈍い」 横田さん夫妻ら、拉致被害者救出求め大集会
「全員の母国帰還を」拉致家族に国連高等弁務官
寺越外雄さん、子供たちの出生届提出へ
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

国内最大級の古墳群壊す…ゴルフ場拡張工事(読売新聞)
サッカーW杯、日本のベスト4に期待=仙谷官房長官(時事通信)
いくつわかるかな? ハードコアゲーマーIQテスト
東大寺法華堂 持国天像と増長天像、65年ぶりに「疎開」(毎日新聞)
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任(産経新聞)

ローラー子供靴 転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)

 かかとの底にローラーを装着した子供靴が流行しており、転倒事故などが相次いでいると、国民生活センターが26日発表した。滑走する子供を避けようとして負傷した巻き添え事故も起きており、保護者らに注意を呼びかけている。

 販売業者などによると、ローラー付きシューズは02〜03年に流行し、一時下火になったが、08年ごろから小学女児を中心に再ブームが起きた。つま先を上げると簡単に滑れるのが人気で、輸入販売業者も多いという。

 同センターによると、事故報告や相談は05〜08年度はゼロだったが、09年度は15件と急増し、今年度も既に5件あった。9歳女児が昨年5月、歩道のくぼみにローラーが挟まって転倒し左手首を骨折▽20代女性が今年3月、後ろから滑走してきた女児をよけようとして右腕を地面に打ち付けて骨折−−などの事例があったという。

 商品には「人通りの多い所では使用しない」などの注意書きがあるが、同センターは、より積極的な防止策を講じるよう事業者に求めた。【遠藤和行】

【関連ニュース】
こんにゃくゼリー:形状など法規制困難…消費者庁対応班
電子キー:ご用心 子供が車に閉じこめられる例も
こんにゃくゼリー窒息死:消費者庁「形状など規制は困難」
ベビースリング:赤ちゃん用「抱っこひも」、事故防止に助言
電子キー:ご用心 車に子供閉じ込めも 5年間に相談46件−−国民生活センター

台湾の男女4人国際手配=東京・赤坂の飲食店連続襲撃―警視庁(時事通信)
種牛2頭で口蹄疫の疑い=宮崎県、49頭を殺処分へ(時事通信)
主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)
<近畿農政局>360万円横領容疑…前係長を懲戒免(毎日新聞)
<訃報>大野一雄さん103歳=国際的舞踏家(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。