So-net無料ブログ作成

第1回アテネ五輪の優勝メダル、博物館から盗難(読売新聞)

 近代五輪が始まった1896年の第1回アテネ五輪の優勝メダルを盗まれたとして、展示していた秩父宮記念スポーツ博物館(東京都新宿区)が15日、警視庁四谷署に盗難届を提出し、同署は窃盗事件とみて捜査を始めた。

 メダルは金メダルができる前だったため銀製で、直径約5センチ。体操競技の鉄棒で優勝したヘルマン・ワインゲルトナー選手(独)に授与された。その子息が日本びいきだったことから、1964年の東京五輪の際、西ドイツ紙の特派員に「体操で最も優れた日本選手に贈ってほしい」と託し、同大会で金メダル3個を手にした遠藤幸雄氏(昨年3月に72歳で死去)に贈呈。94年6月に遠藤氏から寄贈された日本オリンピック委員会(JOC)が展示していた。

 運営する「日本スポーツ振興センター」によると、盗難が発覚したのは今月14日午前11時半ごろ。受付の女性が2階の展示台からメダル4個のうち1個がなくなっているのを見つけた。展示台は正面の扉は施錠されていたが、上部のガラス板は素手で開く状態だった。

 遠藤さんの長男で日本体操協会常務理事の遠藤幸一さん(48)は「初めは書斎の真ん中に飾っていた父も『自分個人ではなく、日本とスポーツ界のためにいただいた』と考えを変えたようだ。盗んだ人がいるなら、ぜひお返しいただきたい」と話している。

<阿久根市長>賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ(毎日新聞)
民主、政策研設置へ 執行部譲歩 政調の代わり、火ダネは残る (産経新聞)
江戸の町炎上…安政地震の瓦版、岡山で見つかる(読売新聞)
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)
北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。